2020.11.24
/
相続のプロに聞く

【解説動画】遺言書が残っている場合、従うしかないのか?【親の遺言書】

 

>>相続の専門家に無料相談する

ご依頼の不動産を無料で査定
3分で依頼完了!
査定金額と活用アドバイスをメールでご送付。
※しつこい営業電話はいたしません。
 

遺言書が残っている場合、従うしかないのか?
【親の遺言書】

一定の書式に従った遺言書は法的効力を持ち、通常相続時には遺言書の内容に従い相続手続きを行います。
しかし、財産の相続人やその分配率など遺言書の内容は、被相続人の意思によってのみ書かれたものであるため、 ”遺言書があるがために相続人たちが争う”ことが多くあります。
その場合、どのように解決すれば良いでしょうか?
また、遺言書を書く人は何を気を付けておくべきでしょうか。 事例を通して解説します。

スピーカー紹介

大澤健司
株式会社K-コンサルティング  代表 

茨城県で不動産売買・開発、賃貸管理に従事。
「不動産オーナーとの信頼を強固なものにしたい」との想いから、社長に進言して不動産相続コンサルティングの部署を立ち上げる。
2016 年に独立後、千葉県柏市に拠点を移し、相続コンサルティング、資産有効活用・賃貸経営に関するアドバイスなど、不動産オーナーに特化した総合不動産コンサルティングを行う。
“地域の相談窓口”を目指すべく、相続勉強会、賃貸経営勉強会なども積極的に実施している。

【オススメ記事】
民法改正で遺言執行者の権限が明確化される
民法改正で遺留分の制度が変わる
民法改正で相続の効力等に関する見直しが行われる
民法改正で不当な財産処分ができなくなる
民法改正で夫婦間の居住用不動産贈与の制度が変わる
民法改正で被相続人の預貯金の取り扱いが変わる

この記事をシェア

相続MEMOをフォロー

相続のプロに聞く

NEXT 【解説動画】「小規模宅地の特例」にこだわり過ぎて大失敗!【小規模宅地の特例事例】
PREV 【解説動画】贈与制度を賢く使ってアパートを相続しよう【アパートの相続・贈与】

関連記事